女だらけの職場が地獄!ドロドロ人間関係に耐えられない時の対処法

女社会の悩み

女だらけの職場が地獄!

もう耐えられない!

あなたは今こんな風に悩んでいませんか?

 

職場に入ってみたら、女だらけの職場

しかも人間関係がドロドロしていて地獄!となると辛いですよね。

実際、色んな場面で女性同士のトラブルがあります。例えば、すごく仕事の出来る女性に対して嫉妬し、周りに悪口を言う女性がいたり・・・

 

カノン
カノン

あなたはそんな過酷な環境の中、すごく頑張っていますね。

私も一時期、女性が圧倒的に多い職場に異動して、大変な思いをしたことがあります。女だらけの職場で、地獄だったことを思い出します。

そんな経験も踏まえて、お話していきますね。

 

そこでこの記事では、女だらけの職場が地獄で耐えられない!という時の対処方法を、お伝えしたいと思います。

女だらけの職場が地獄と感じる理由は?

それではまずは、女だらけの職場が地獄だと感じる理由から見ていきましょう。

カノン
カノン

女性が多い職場だと、男性上司に媚びを売る女性や、やたらと批判する女性、また、女性特有の「女性同士で集まる」といった行動を起こす人が多いですよね。

 

人間関係が難しい

カノン
カノン

女同士の人間関係って難しいんですよね。

私の以前の職場では、やたらとプライベートを聞いてくる女性がいました。聞かれたので答えると、それが気に食わなかったのか、否定的な言い方をしてきました。

きっと、自分よりプライベートが充実しているのが気に食わなかったのでしょう。

本当に女性同士の人間関係は難しいですね。

職場の女性と仲良くなれない!理由と対処法を解説【無理して仲良くならなくてOK】
「職場の女性と仲良くなれないんだけど、どうしたら良いの?」こんなお悩みはありませんか?女性ばかりの職場で仲良くなれず人間関係に悩むことはないでしょうか?この記事では、「職場の女性と仲良くなれない!」と女性の多い職場での人間関係に悩むあなたへ、実体験や失敗談も交えながら職場での女性の人間関係のコツを紹介していきます。

 

職場の雰囲気が悪い・合わない

女性の多い職場は、殺伐としています。

優しい人なのかな?と思って話しかけても、そっけない返事か来たりして・・・

カノン
カノン

職場の雰囲気が悪かったり合わなかったりすると辛いですね。

女性が多くて華やかに見えるかもしれませんが、いざ中に入ってみると、全くそんなことはないんですよね。

仕事を新たに覚えたいのに、「あなたにはわからないから」と勝手に決めつけてくる人もいました。

そんな悪い職場の雰囲気の職場では働き続けられないですよね。

 

悪口や陰湿ないじめがある

女性が多い職場では、悪口や陰湿ないじめによって盛り上がることがあります。ます。

とても怖い話ですよね。

私が働いていたところでは、ちょっとした話を大きくされて「あの人はおかしい」と他の人に言いふらされたり、出来ていないことを強調して、「そこがダメなんだ!」とやたらと人のダメ出しをしてくる女性もいました。

このような劣悪な人間関係の職場からは、早めに離れたほうが良いですね。

女性の職場で揉め事が多いのはなぜ?女同士のトラブルに巻き込まれないための処世術
この記事では、女性の職場で揉め事が多い理由や、揉め事やトラブルに巻き込まれないための処世術などをお話します。 カノン あなたは、女性の職場での揉め事に困っていませんか? 「女性の先パイから嫌味を言わ...

地獄のような女社会の職場でうまく立ち回る方法ってある?

女だらけの職場は本当に色々とあり、上司である男性もタジタジになってしまうほどです。

ここからは、そんな地獄のような女社会の職場でうまく立ち回る方法についてお話していきます。

 

無理に馴染む必要はない

しかし仕事が、やりずらくならないように全く無視!とは、いかないので

適当に話は合わせますが、所詮職場だけの知り合い程度と割り切って付き合っています。

私は、日光の猿のように(見ざる・言わざる・聞かざる)&浦島太郎(何も知らなかった!)って感じで接してます。

そんな群れはたいした内容の話をしていませんから情報としても不要と思っていますので・・・。

このように、「ここは職場!」と割り切って仕事をするのが一番良いですね。

カノン
カノン

女社会に合わないなら、無理に馴染もうとしなくてOKです。

 

噂話・悪口には乗らない

女だらけの職場では噂話や悪口もよくあること。

でも、そういった話には乗らず、受け流す方が賢明です。

カノン
カノン

噂話や悪口が、すごく好きな女性っていますよね。

でもこの手の話は、大抵中身のない話です。

 

では、なぜ噂話や悪口を言うのかといえば、「仲間を作りたい」という意識が高いように思います。

この「仲間を作りたい」という女性の沼に入ってしまったら、大変なことになります。

「見ざる・言わざる・聞かざる」のスタンスでいた方が、とてもラクにいられますよ。

 

仕事以外の学びやプライベートを充実させる

仕事仕事ばかりで学びやプライベートが充実していないと、余計に職場のことが家に帰ってきても気になってしまいますよね。

そんな時は、何かを学んだり、自分のプライベートを充実させましょう。充実させることで、職場のことも忘れて楽しい時間を持つことができます。

そして、次の日職場に行ったら、仕事に打ち込む。

そういう切り替えができると良いですね。

どうしても合わない時の対処法

女だらけの職場で立ち回る方法を見てきましたが、「でも、どうしても合わない・・・」というときはどうしたら良いでしょうか?

カノン
カノン

ここからは、そんな時の対策方法をお話しますね。

部署異動を願い出る

部署が多い職場ならでは出来ることですが、部署異動を願い出ることで、女だらけの職場を離れられる可能性があります。

私は人間関係がとてもツラくなって上司の前でワンワン泣いてしまい、自分でも「これはおかしい」と思いました。

 

その時、部署異動の希望を出して異動したことがあります。異動したことによって、問題が解決されましたよ。

 

あなたも、辛いなら思い切って「部署異動」を願い出てみましょう。

女の職場はもううんざり!めんどくさい人間関係を断ち切る方法【これ以上悩まない!】
女の職場はもううんざり! めんどくさい人間関係を断ち切りたい・・・ 女だらけの職場はもううんざりどす。 — ギモーヴ (@gimove1126) May 7, 2020 あなた...

 

心身が辛くなる前に転職する

部署異動も一つの問題対策にはなりますが、それでも解決されない場合は、転職も考えてみましょう。

部署異動は、同じ会社内での異動なので、元にいた職場が近い場合は、やりづらくなるかもしれません。

カノン
カノン

意地の悪い女性は、異動した職場の人に悪口や噂話を吹き替えてくるかもしれませんし。

そんな時は、思い切って転職も考えてみましょう。

 

もしかしたら、転職先も女性の多い職場かもしれません。

しかし、女性が多くてもきちんとマナーが守られた職場もあります。

でも、もう女性が多いのは辛い!

このような場合は、最初から男性の割合が多い職場を探すのも一つの方法です。

転職サービスの「LIBZ(リブズキャリア)」なら、単なる求人だけでなく、社員の男女比や年代の傾向など職場内のリアルな情報もチェックすることができますよ。

人と直接関わることが少ないリモートワークのお仕事もたくさん見つかります。

 

女の世界にうんざりしているなら、一見の価値ありです

 

今すぐ転職するわけではなくても、登録も利用も無料なので情報だけでも見てみるのがおすすめです。

情報を集める中で、希望の職場が見つかったらその時に転職を考えたらOKです。

カノン
カノン

行動しないとチャンスはやって来ません。

いますぐ無料登録だけでもしておきましょう。

転職は心機一転、人間関係を初めから築くいいきっかけになりますよ。

 

LIBZ(リブズキャリア)について詳しくはこちらの記事で解説しています↓

 

LIBZ(リブズキャリア)の特徴&使い方!利用料金はかかる?
この記事では、LIBZ(リブズキャリア)の特徴や使い方について解説します。LIBZを利用するメリット(おすすめポイント)やデメリット、気になる利用料金や退会方法についてもわかりやすく説明していますので、気になる人は要チェックです♪

 

LIBZ(リブズキャリア)の口コミ・評判を調査!転職成功できる?
転職サイト「LIBZ(リブズキャリア)」の口コミ・評判について調査しました。本当に転職成功できる?と不安な人はぜひご覧ください。実際にLIBZを利用して転職活動をした人の生の声を載せているので、参考にしてみてくださいね。

 

女の世界に疲れたなら、他の世界をのぞいてみるのがオススメです。

求人情報やスカウトメール、オファーが受け取れるので、「いつでも転職できる!」と思えるので精神的にもかなり楽になりますよ。

 

まとめ

ここでは、女だらけの職場が地獄!もう耐えられない!

という時の対処法をご紹介しました。

 

女性の多い職場には、色々問題がありますよね。

上司である男性も、解決しようとしても女性の意見の方が強くて、解決できない場合が多いです。

 

なので、まずは自分を守りましょう。人の流れに乗ってはいけません。

余計にツラくなります。

 

それから、噂話や悪口を言っている女性に対しては、さらっと流してしまいましょう。中身のない話ですので、真面目に聞いている方が、余計にツラくなります。

心身がツラくなるくらい合わない場合は、転職も頭に入れておきましょう。

カノン
カノン

転職した先には、明るい未来が待っているかもしれません。

地獄のような職場で耐え続けた結果、心身の病気になってしまったら元も子もありませんよね。

そんなことで休むくらいなら、先のことも考えて今すぐ行動を起こしてしまいましょう。

 

カノン
カノン

転職を考えるなら、早めの行動が大切です。

病んでしまう前に行動し始めましょう。

転職サイトの登録は無料♪「これでいつでも転職できる」と思えるだけでも気持ちがラクになりますよ。

【2022年最新版】20代向け転職サイト・エージェントおすすめランキング【あなたにもぴったりのものが見つかる!】
20代におすすめの転職サービスをまとめてご紹介します。まだ社会人経験が浅くスキルも少ない20代にとっては、転職サービスを使った方が有利な転職ができます。ここで紹介するサービスは全て無料なので、使わない手はないですよ。

 

カノン
カノン

職場の中の様子を知ってから転職したい人は「LIBZ(リブズキャリア)」で仕事を探そう↓

 

>>>LIBZ(リブズキャリア)公式サイト

LIBZ(リブズキャリア)の特徴&使い方!利用料金はかかる?
この記事では、LIBZ(リブズキャリア)の特徴や使い方について解説します。LIBZを利用するメリット(おすすめポイント)やデメリット、気になる利用料金や退会方法についてもわかりやすく説明していますので、気になる人は要チェックです♪

 

辞めたいのに辞められないあなたへ

退職したいのに辞めにくい、言い出せない!というときは退職代行サービスを使うと良いです。

カノン
カノン

二度と職場に行くことなく辞めることができますよ。

【2022年版】退職代行サービスおすすめ6選!人気のサービス・料金が安いところはどこ?
退職代行サービスにも色々な種類があるので、どこが良いのか迷いますよね。この記事ではおすすめの退職代行サービス6つを紹介しています。あなたに合うサービスを一緒に見つけていきましょう!

 

今すぐ辞めたい方はこちら↓

【退職代行】当日の朝でもOKの業者5選!即日退職したい人必見
退職代行を当日の朝に依頼したい!即日退職したい!そんなあなたの希望を叶えることができる退職代行サービスの情報をまとめました。当日の朝に依頼したい場合の注意点についても詳しく解説しているのでぜひご覧苦ください。

関連記事

女の世界に疲れた!女の職場が疲れる原因&生き抜く方法を解説【いじめや嫉妬から自分を守ろう】
「女の世界は大変!もう疲れた!」と悩んでいるあなたに、女の職場が疲れる原因や厳しい人間関係を生き抜く方法をわかりやすく解説します。これ以上頑張りすぎて疲れてしまわないための対策や、女の世界に耐えられなくなったあなたを守る方法もお伝えします。
女社会に向いてない!女だらけの職場が苦痛でたまらないあなたへ
女社会に向いてない!女だらけの職場が苦痛でたまらない!と感じているあなたへ。女の世界が疲れる理由やあなたが悪くない理由を解説し、辛くてしかたないときの解決法についても紹介しています。参考にしてみてくださいね。

 

【女社会の悩み】まとめ記事

【女社会の悩み記事まとめ】女性だらけの職場の人間関係が辛い!【解決方法が見つかる】
ここでは、「女社会が辛い!」「女性だらけの職場の人間関係が苦痛」など、女性社会のお悩みを解決する記事をまとめてみました。どれも当ブログ内の記事です。気になる記事を読んで、あなたのお悩みを解決していきましょう。
おすすめ転職サイトランキング
マイナビエージェント

20代の転職や女性の転職にも強く、初めての転職におすすめの転職エージェントです。
専任のキャリアアドバイザーがあなたをしっかりサポートしてくれるから、一人での転職活動が不安な人も安心♪

リクルートエージェント

リクナビエージェントは、求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェント。非公開求人はなんと10万件!
業界最大級の求人数の中から、あなたに合うお仕事を一緒に見つけてもらえます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、求人数が多く、転職者の8割が登録しているほどの人気サービスです。
女性の転職や第二新卒の転職にも強いのが特徴。無料登録で、転職に生かせるあなたの強みを発見できます。

この記事を書いた人
カノン

現役保育士のカノンです。

社会人1年目に女社会の洗礼に苦しんだ経験あり。
その経験をもとに、悩める新人保育士の心を軽くする情報をお届けします♪

カノンをフォローする
女社会の悩み
カノンをフォローする
ヤメイチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました